読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沖縄、青い海、青い空、白い雲、逃げられない現実

沖縄で2回目のダイビング。

カメ、近づいても撫でても逃げなかった、どころか顔を寄せてきたからそのままレギュレータ越しにキスした。カメ、泳ぐの上手だし、肺呼吸は止めてずっと水の中に居続けられる方が便利そう。

ダイビングでは潜った後にログブックという専用用紙に場所とか器材とか気温水温エトセトラの記録をつける習慣があって、フリースペースがあるので私はそこに人に見せるのは恥ずかしいタイプの落書きをしている。

シカクナマコ初めて見た。バイカナマコと同様に固くて無機質でおもちゃみたい。シカクナマコは小さいし軽いし投げたくなる。バイカナマコは大きいし質量どっしりなので小脇に抱える用という感じ。

ジャノメナマコも初めて見た。名前の通り蛇の目の模様のナマコだから海の中でさぞ目立っているんでしょうねと油断してたら私が素通りした岩場の陰で旦那が見つけてくれてびっくりした。なんでこんな気持ち悪い模様なんだろうと疑問だったけど解が得られてよかった、岩場に蛇の目の模様だと同化してまったく目立たないからなのね。ジャノメナマコは賢い(遺伝発生してるだけだから賢いわけではないけど)(脳無いしなナマコ)(旦那、ジャノメナマコ見つけてくれたから先日の『ものものしい』事件のことは許してやろう)。

前に潜った時にイシナマコだと同定したやつは間違いだったっぽくて、本当のイシナマコは白いらしい。黒くて楕円形で固くて表面にイボがなくてごくごく小さい凹凸に砂をまとってるナマコは何ナマコなんだろう。クロナマコがビビッて小さくなった状態かなぁ。

✳︎

沖縄で3回目のダイビング。

近場にいるナマコを一カ所に集めて並べたもの、それすなわちナマコパラダイス。今回はクロナマコ、バイカナマコ、シカクナマコがそれぞれ1匹ずつと、ジャノメナマコ2匹で、計5匹のパラダイスができあがった。嬉しい。みんなで仲良くやってくれよな。

コブシメというイカ、視界の端をスイーッと通って行ってUFOみたいだった。思わず二度見した。イカは(そしてタコも)体色をパッと変えれるのですごいやつ。

インストラクタさん♂がゴマモンガラという縄張り意識の強いヤンキーみたいな魚に追い回されて「ほんまうっざいわアイツ」と愚痴をこぼしていたけど、エンターテイメント性があって蚊帳の外から見るぶんには楽しかったので、またぜひ追い回されてほしい。私は何者にも追い回されたくないけど。

ダイビングショップの都合で知らない他のお客さんと一緒に潜ることがままある。今日もそうだった。下手をすれば命の危険があるダイビングを一緒にして、海の中でナマコを触って笑い合うこともあるのに、陸に上がっても連絡先の交換はしなくて「また会えたらいいね」ってバイバイするの、不思議な感じがする。

✳︎

ごはんの写真を撮るのがとても苦手なのでこのインターネット時代にテキスト情報だけの食の話をします。

国際通りの『フィーチャー多幸寿』、じゃないや『チャーリー多幸寿』、ちゃーりーたこす、です。フィーチャーは一体私のどこから出てきたんだろう。初めてタコス食べた、おいしかった、690円でビーフ・チキン・ツナの3種類のタコス食べれるのお得感あってニコニコ。メキシコ料理って常にこんなジャンキーなのかしら、ジャンキーに無理やり野菜を添えました的な。褒めてます。タコスってオクトパスの方のタコは関係ないんですね、タコのオスの足8本のうち1本の先端はメスに精子の入ったカプセルを渡す仕様になってるのかっこいいよね。

同じく国際通りの『わらゆい』でじゅーしー食べた。じゅーしー、沖縄風炊き込みごはんで、大抵の炊き込みごはんっておいしいと思うんだけどこれも沖縄のどこのお店で食べてもおいしい。それにしても沖縄のどこのお店でも「沖縄そばandおかずの乗った米」みたいな定食セット用意されてるのはなんなんだよ、炭水化物取りすぎだろ、糖質制限の沖縄人はどうやって生きてるんだよ。あっ島豆腐か(ひらめき)。

✳︎

夜、また旦那とケンカした。沖縄来てから2日おきに勃発してて不穏。

旦那の言葉尻を私がとらえる、という傾向は常日頃から確かにあるのだけど、東京にいる時と違って、沖縄に旅行してる最中は「離れることなくずっと一緒にいるから単純に接触時間が多くて諍いの起こる可能性が上がる」「お互い一人の時間が無いから心のチルアウトができない」「暑くて体力がガンガン削がれていく」「慣れない住宅環境」というのが原因にありそう。旅行前からこうなるだろうなとは薄々思ってたから他人からの「一ヶ月も沖縄にいるなんて最高だね」って羨望にハハハ〜って半笑いしかできなかったな。

ちょっと景色のいい場所に来たからって私の元来のストレス耐性の弱さは直らないし海に潜る寸前の死への恐怖はふとした拍子で顔を出すし惨めな過去だって消えないし肉親の介護とか死別とか子どもを産む産まないの将来的な問題は山積みで何も解決しない。気分転換を簡単にできるというのも才能で、ダメな自分からひとときでも目もそらせない私は相変わらず生きづらい。