愛が偽善的で自虐的だった僕らの心をすっかり変えてしまったよね

ビルボードライブ東京でAl McKay Allstarsのライブ観てきた。アル・マッケイ・オールスターズと読みます。アル・マッケイ=元Earth, Wind & Fireのギタリスト、が愉快な仲間たちと共にEWFのコピーバンドとして活動しているグループ。アル・マッケイさん、EWF戻ってギター弾いたらいいのでは?と思うけど、風の噂では本家がサウンド面を追求する一方、アル・マッケイ・オールスターズはグルーヴ面を追求しているとかなんとか。でも本家EWFの生演奏聴いたことないからどうとも比較できない。サウンド面とグルーヴ面ってどう違うのかもわからない。

大好きなSeptemberを生で聴きたくて聴きにいって結果マジ泣きしてしまった。周りめちゃくちゃ踊ってるのに私だけひぐひぐ泣いてた。フロアを見渡しながら、きっと80年代の、EWFが大ヒットしたあのディスコブームってやつを実体験してきた年配のお客さんもいるんだろうなぁと羨ましく思ったり、平日の夜だし仕事で疲れた人もいるだろうに音楽は万人に等しく笑顔のチャンスを与えてくれるなぁと感慨深かったり。

この世界の一人一人になんらかの大事な意味を持つ"9月21日"が存在するはずだから、Septemberという曲の持つ魔法はいつまでも消えることがない。それは例えば、家族や友人や恋人と心が通じ合えた日とか、子供が産まれた日とか、それとも家への帰り道に偶然目に留まった夕日がりんご飴みたいにおいしそうだった日とか、初めてチョコボールの金のエンゼルを引いた日とか、どんなに他人から見ればくだらない理由だったとしても本人には絶対的に価値のあるその日を讃えるために、"バーディヤ"のあのリズムで、数えきれないくらいの何本もの手が空にかざされるのだ。モーリス・ホワイトが死んでしまった後のこれからの時代にも。

モーリス・ホワイト本人がいるわけじゃないし……って渋ってたけど観に行ってよかったなあ。アル・マッケイ・オールスターズのステージ、文句なしに楽しかった。