読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君は覚えてるかな、9月21日の夜のこと。

モーリス・ホワイトが死んだ。

療養中なのを知っていながらもいつか彼の立つEarth, Wind & Fireのステージを観たいと淡い期待を抱いていたので悲しいけど、悲しさよりも今は「なんで私はモーリスが元気な時代に間に合うようにもっと早く生まれてこなかったんだよ」という自分への理不尽な怒りの方が大きい。エリザベス・キューブラー・ロスの死の受容のプロセスでいうと(自分の死についてのプロセスだろうけど他人の死に対しても適用できると思うんだよな)第二段階。おそらく第三段階の「取引」は私にとって2月の末に行われるアルマッケイ・オールスターズのライブで彼らの中にモーリスの影を探すこと、で、やっぱりここにモーリスはいないもんなあって第四段階を過ごして第五段階に移るはず。


ジャズマン菊池成孔Earth, Wind & FireのSeptemberについて語った時の数分間がクールなことこの上なくて時々狂ったようにリピートする期間がある。


菊地成孔の粋な夜電波-2011年09月18日-最後の曲紹介から

えー、特にこの歌詞の中で、…あのなんつったらいいんですかね…祈りのように何度も繰り返される「Ba de ya」という言葉の意味は何なのかは、長い間ファンの間で取り沙汰されてきました。アラブ首長国連邦のアルフジャイラという海岸線上の国にある、世界最古のモスク・バディアモスクというのがあるんですけど、そのイスラム人ですね、その名前だという説。伝説の魔法使いの託宣であるという説。メンバーの娘の名前であるという説、などなど…。え、しかし最も有力な説は、現在ですね、研究家の間では「単なる衝動的なかけ声だろう」というもので、アタシもそれが最も素晴らしいと思います。

菊地成孔の粋な夜電波-2011年09月18日-最後の曲紹介から - YouTube

満場一致で「そうだよね!」って拍手できるこの説明の後に歌詞の和訳が朗読される流れにはもう耳を傾けるしかなくない?

胸がドキドキして 夜通しダンスを踊っているうちに
ふたりの魂は いつのまにか同じキーで歌っていたよね

菊地成孔の粋な夜電波-2011年09月18日-最後の曲紹介から - YouTube

胸がドキドキするたびに菊池成孔さんが朗読するテンポそのままにこのフレーズを思い出してニヤニヤしてしまう。人間の胸って本当にドキドキするものなのよ。

宇宙の宝石箱のような輝きを放つこの素晴らしい曲を、
9月に耐え難いトラウマを持っているすべてのアメリカ人、
そして、この番組をお聞きの、今年の9月を生きるすべての国籍の、
今年の9月を生きるすべての人々…
希望に満ちているであろう、あのジャズバーの学生たち…
懲役太郎さんにも、中山千夏さんにも、
すべての人々に捧げて今週はお別れしたいと思います。

菊地成孔の粋な夜電波-2011年09月18日-最後の曲紹介から - YouTube


私が初めてSeptemberを聴いたのは2002年、9歳の頃で、菊池成孔さんみたいにクラブで流れてきた~~~~な~んてドラマチックに言いたかったけどそんなことはなくテレビドラマ『続・平成夫婦茶碗』のエンディングテーマとしてだった。


september 続・平成夫婦茶碗 ED

9歳の頃なんて自我あったのか?って思うくらいだけど、町の人々が踊ってるのが楽しくて、ドラマの内容はまったく覚えてないけどエンディングの時にはじっと画面を見つめていた記憶がある。


上京してラジオを聞き始めたころ、TOKYO FMの番組『アポロン』だったかなあ、と思って調べたら2015年2月19日でほぼちょうど1年前、その日のメッセージテーマが『年下の人に聞いてもらいたい1曲』だったから迷わずSeptemberを挙げたメッセージを送ったら読まれて嬉しかった。「なにかハッピーな出来事があった時に聞くべき曲っていうのを人間誰しも持っておいたほうがいいと思うのでぜひ年下の人に~」みたいなこと書いたらパーソナリティの斎藤美絵さんが「この子22歳でこんなメッセージなの!?どうしたの何があったの!?」って笑ってくれてウワーラジオサイコーって思いました。いろいろあったんだよ22歳。


Septemberは、聴けば人種も政治も宗教も関係がなくなって万人が身体を揺らして手を取り合ってしまうような魔法みたいな曲だから、ここで私がこの曲の素晴らしさを語ることは野暮アンド野暮アンド野暮アンド……って感じに思えるのでもう何も言えない。とにかく私はこの曲がかかる空間で死んでいきたい。歌い出し"Do you remember?"で人生のうちのハッピーだったことだけを一つ残らずバッと思い出して目を閉じたい。本当はお母さんの膣から出てくる瞬間にも聴いていられたらよかった。あらゆるハッピーな場面で、砂漠でもジャングルでも岩の上でも池の中でも地球上のどこにいたとしても構わずにこの曲がその空間に響くべきだと本気で思っているのだ。

Ba de ya 完璧な素直な気分で
Ba de ya 金色の輝いた日々

菊地成孔の粋な夜電波-2011年09月18日-最後の曲紹介から - YouTube

もし最後にSeptemberがかかるなら、その物語はハッピーエンドだと言い切ってしまえるようになる。例えば映画『ナイトミュージアム』のエンディングの多幸感たるや……。私の人生についても、いろいろ悲しいことはもちろんあったけど、Septemberを聴きながら死んでいけるならきっとハッピーエンドでしょう?