読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンガポールで日本っぽいもの探して食べててバカっぽい

11月20日(金)のはなし。

リトルインディアに行った。その名の通りインド街のシンガポール支部。あらゆる出店でお香が焚かれていて、あっ八百屋さんで焼き芋焼いてる?、と勘違いさせられてムカつく。バナナしか売ってないいわゆるバナナ屋さんがあるの南国っぽかった。マフラーから黒煙を吐き出すトラックの荷台に出稼ぎっぽい人たちが集団で乗ってるの、中学生の時の社会科の教科書でしか見たことなかったので実際に目撃できてキャッキャ。

Mustafa Centreで物色。日本でいう……ドンキ?ドンキでいいですか?通路が狭いし商品の箱が潰れてたり埃かぶってたりすることが時々あるという点も含めると西友とはいえなくない?アーユルヴェーダ石鹸を選んでる時が幸せだった。swissmissのホットチョコレート粉末を見つけてキャッキャ。

晩ごはんはDelhi Restaurantにカレー、というよりナンを食べに行く。ナンが好きナンだ。なんらかの具をナンの中に挟んで焼き上げたものをクルチャというのだけどチーズを具にしたチーズクルチャがおいしくてお代わりする。カレーは日本でインド人がやってるカレー屋さんで食べるのと同じ感じだったというか変なスパイスが効かせられたものをできるだけ避けたくて観光客向けの当たり障りのないカレーを提供してくれるようなお店をわざわざ選んだんだよねお腹は壊したくないじゃんね。ここ、注文用のiPadを用意してくれてるお店で、シングリッシュ怖い怖いウーマンの私にはとても心地よかった。近くの席から日本語が聞こえてきて耳をそばだてると大学生風の日本人オタ……ギークが「単位が〜留年が〜」という話をしていてその空間だけ日本っぽかった。リトルジャパン。