読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2週間後に結婚する

結婚するためには婚姻届を出さなきゃいけない。その前に戸籍謄本を取り寄せなきゃいけなくて、まぁそれはもう取り寄せた。婚姻届には2人の証人に書いてもらう欄がある。それぞれの両親のどちらかに書いてもらう。両親同士の顔合わせが今月末にある。そのときに書いてもらう。ぜんぶ予定。でもごく近しい確実な予定だ。

東京に逃げ出す前の、あの、「眠れなくて」「寝てばかり」で「憂鬱」だった毎日からは、なかなか遠いところにいる。眠れるし、寝過ごして目覚めた夕方ですら余りある人生の中の1度しかない大切な時間だ。こんなポエムめいたことだって書けてしまう。元気そうでしょ?

でもなにかをきっかけに、たぶんあらゆる種類の疲労から、再発するんだろうなという不安を常に抱えていて、それが私の目を濁す。無理をしたらマジで死ぬ。殺されてしまう。アレもしたいしコレもしたいよ? でも一歩まちがえば死んでしまう。こういう切迫感とこれからも付き合っていかなければならない。「なんでもっと貪欲にならないわけ?」。死にたくないからだよ。

でもそんな予防線バリバリ張る自分をキライキライキラーイなんて言う暇もなく私を喜ばせるために物事は進む。清竜人25。舞城王太郎の新刊。持田あきの新連載。小沢健二の曲たちは福音みたいに響く。

LIFE IS A SHOWTIME
ベルが鳴るような
こんなスリルが僕らを刺すのさ
夜が深く 長い時を越え

『ラブリー』/小沢健二

いわゆるマリッジブルーは訪問の兆しがなくて、このまま、苦くて/甘くて/切なくて/晴れやかで/静かに満ち足りた日々が続いていくのだという漠然とした思いが私を守る。このまま、これまでも、これからも。大好きなあの人のキレイな声が、今日も私を許す。