読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誕生日おめでとうの話

昨日、@neo6120の誕生日だった。

夕方から夜にかけて鬱々していて、日課であるSkypeを拒否してしまって申し訳ないことをした。

夜に一度電話もらって、今日はSkypeしたくない、ごめんって言った。
「今日はダメかなって思ったけど電話かけてみた」とか「なんかあったらいつでも言ってね」とか言われた気がする。
ダメだとわかってて期待されるの、愛だなあと思いながら電話切った。
11時には鬱も黄昏れて、眠った。

Skypeできないままに朝を迎えるのは悲しいことなのだって認識をお互いに持てていることがひとつの幸せだと思う。「毎日Skypeしようね」って名言化した覚えはない。強制した覚えもない。いつのまにか「最近Skypeできてないじゃん」ってどちらともなく口をつく。

今朝になって7:23、7:24、7:24に電話かかってきてて、せめて5分おきにかけるとかしようよと思いながら電話かけ直した。
「昨日せっかく誕生日だったのにごめんね」って言った。
「もう誕生日でいちいち騒ぐような年でもないしなあ」って言ってた。
ふうん…って思ったけど「でも誕生日じゃん」って言った。
誕生日を祝うか祝わないかは年齢がどう、ではなくてその人の周りの人が祝いたいと思うかだし、実際私は祝いたいと思っているし、昨日だって思っていた。思っていたのにそれ相応の対応ができなくて悔しかった。

私が情緒不安定なせいで、いつも迷惑というか負担というか心労をかけていて、申し訳なさすぎて思わず「他のもっと元気な(かわいい)子さがせばいいじゃん」って憎まれ口たたくことがある。そのたびに怒られるけど。最終的に「ふざけんな殺すぞ」って言われる。愛だなあと思う。