読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母親が仕事をしながらの家事に苦労していると言いながらも放棄しないのは、放棄することで生まれる結果(溜まり続ける洗濯物、インスタント食品を漁る兄や父親)を見つめるのがつらいからだと思う。
母親は非協力力的な兄や父親についての愚痴を言うけど、「つらいなら家事をするのをやめればよいのでは」と提案すると「そうしたらみんな困るでしょ」と怒る。その通りだと思うし、母親が家事をやめたら、兄や父親たちは狂ったように「俺は仕事をしてるのに」の旨の怒号を飛ばすんだろうなと思う。その怒号すらも無視して母親が家事をしなかったらどうなるんだろう。兄や父親たちは困り果てた末に自分たちで家事をし始めるだろうか。それとも母親のこと怒りのあまりに殺すのかな。もうどっちでもいいから楽になりたい。