読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お酒、身体が熱くなるし、頭痛くなるし、尿がアルコールくさくなって自分が台所の三角コーナーに感じられてしまってよくない。

加えて、気分が高揚して物事がどうでもよくなる。そのどうでもよくなる感じが「嫌なことは飲んで忘れよう!」という酒erの発言につながるのだとは思うけど、嫌なことは飲んでも忘れられなくて覚えているし、解決もされない。

就活がつらいからってお酒を飲んでも内定はもらえないから意味ない。
仕事がつらいからってお酒を飲んでも仕事をやめてないから意味ない。
彼氏がクソだからってお酒を飲んでも彼氏と別れてないから意味ない。
自分がクソだからってお酒を飲んでも自分を正せてないから意味ない。

と思うけど、それは私が生まれつき肝臓のアルコール処理能力が低いからで、アルコール処理能力が高い人間は気分が高揚するのが心地よくて楽しめるんだろうと思う。そういう選ばれし人間は羨ましいとも思う。


やっかいなのがアルコール処理能力が低い人間に無理やりお酒を勧めてくるアルコール処理能力が高い人間で、彼らは「吐くまで飲むのを繰り返していれば飲めるようになる」だとか「お酒を飲むのは社会人として必要な能力」だとか言ってくる。「意識飛ぶまで殴られ続けてればもっと殴られても平気になる」「殴られるのは生きるのに必要な試練」って言われても殴られたいと思うわけないしやめてほしい。

そういうわけで、アルコール処理能力が低い人間としては、無理やりお酒を勧めてこない人間たちとの飲み会が理想で、心地よくて、安心できて、おいしいものが食べられて、気分が高揚した人間たちとの他愛ないおしゃべりを楽しめるからいい。そういう飲み会では、お酒を飲んでいないからといって飲み会の代金を少なく見積もられる必要もないと思っている。こちらとしても、一緒にお酒楽しめばいいのにもにゃもにゃという気持ちを抱えさせた申し訳なさを感じるし、その気遣いへの感謝も含めてプラスマイナスゼロだと思っている。